2017年07月12日

霞が関の文化

ことの善悪は置いといて、、、
ネットからの引用ですが、今話題の参考人招致の中での前愛媛県知事加戸守行氏の発言

「私は霞が関で30数年、生活した。省庁間折衝がある。自分の思いを省を代表して激しい言葉も使い、場合によって虎の威を借るキツネのような発言もあり、でも事柄が決着した後は酒を酌み交わして、決まったことは次の施策に向かっていく。これが霞が関の文化だった。」

よく言った。別に酒を酌み交わすのがすべてではないが、気持ちの良い発言だった。(^^)/

物事をすすめる中で正解は一つでは無く、いろんな意見もある、それでもすすめなければ世の中は停滞する。いや、衰退する。決まったことに反対とか批判とか、簡単だが、もっと前向きな論争を聞きたいものです。最近の報道は見るに堪えないコメントが多すぎるように思う。

備忘録として、、、

■ 6日 南薩薬剤師会の保険講習会へ。今回は話す機会が無く、聴講側でした。終わってからの懇親会は”なかむら”さんへ。一次会が終わり、珍しく二次会へ。どこのスナックだったか名前は忘れたけど、終わったのが2時頃、久々の深夜酒でした。飲み過ぎた〜 (''◇'')ゞ

■ 8日 南星の練習へ。2時間ほどの練習、代奏で真剣にスネアドラムを叩くと、めっちゃ疲れました。150テンポの裏打ちを打ち続けると、裏も表もわからなくなる自分に「おお〜 限界なんだな〜」とつくづく思いました。(^-^;

■ 9日 川辺の当番薬局でした。患者さんも少なく、時間もあったので自分の机を整理、少しずつ終活の準備を整えております。わお〜 ( ^ω^ )

7月16日のライブのポスターを掲示しておきますね。時間のある方は見に来てね〜 (^^)/

19510192_713957405470459_936765878691445718_n.jpg
posted by odaboo at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180322248
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック